ガールズバーについて 楽しみ方

自分に合ったお店を見つければ楽しめる


 

ガールズバーは千差万別

ガールズバーはキャバクラと違い共通認識のルールがないのです。
なので、私たちは『ガールズバーって?』と疑問に思うし、相手に伝える時も何と言っていいのか分からないですよね。
それは、お店によってコンセプトが違うからなのです。
だからガールズバーに行ってどういう風にた楽しめばよいかうんぬんの前に、自分に合ったお店を見つけるのが重要になってきます。
自分にとってどういう風に飲めると楽しいと思えるのかちょっと考えてみて、それに合いそうなお店へ足を運んでみてください。
必ず『ココだ!』と思えるようなお店に巡り合えるはずです。
そうなれば、あとはお店が勝手に自分を楽しませてくれますよ!

 

これだけは守ろう!最低限のマナー


『自分に合ったお店を見つけられたら、後は好きかってしていいんだ!』と思われたかもしれませんが、それはちょっと待ったをかけさせていただきます。
多くの人はマナーある振る舞いを心がけていると思いますが、お酒が入るとちょっと気が大きくなって思わずそれを失念してしまう人もいます。
なので、ガールズバーを楽しむ上で最低限のマナーは知っておくべきです!

バーであることを忘れない

女の子が接客をしてくれるので、思わずキャバクラみたいに誤解しちゃうかもしれませんが、ここはガールズ〈バー〉です。
貴方の隣には違うお客さんがいます。
大きな声で話したり、女の子を一人占めしてはいけません。
そういったことをしたいのであれば、キャバクラに行きましょう。

連絡先の聞きだしを強要しない

お店によってはお客さんと連絡先を交換してはいけないと従業員に教えるそうです。
そして女の子側も教えたくなければ教えなくて良いというのが、ガールズバーの当たり前です。
連絡先の交換を強要しないようにしましょう。

女の子をあからさまに口説かない

お客さんとして行くうえで、女の子と仲良くなってお付き合いしたいという考えもあるかと思います。
それは否定しません。
なんなら、女の子側も素敵な人と出会いたいと思っている子もいますし、お客さんとお付き合いして結婚した人もいるそう。
ですが、それを目的としてガールズバーに行くのは止めましょう。
お店は皆の空間です。
その中であからさまに女の子を口説くのは店の空気を悪くしますし、そういった人は出禁になります。
お客さんと従業員の関係だと言う事を忘れないようにしましょう。
 
自分に合ったお店を見つけて、マナーを守って、楽しいガールズバーライフを送りましょう!